先日、中国の大手ライドシェア会社滴滴出行(didichuxing)が日本の大手タクシー会社である第一交通と今後、日本の中国人旅行客をターゲットに提携すると発表されました。

まずは、国際空港に隣接し、中国人旅行客に人気の東京、大阪、福岡、沖縄、北海道の5地域からスタートを想定しているようです。

*参考:第一交通のプレスリリースより

プレスリリースにもあるように、目的の一つに中国人旅行客の間で人気の
白タク行為を滴滴を通して中国当局に規制を働きかけるとあります。

しかし、中国では『皇包車』という海外での車手配をする人気アプリなどがあり、
多くの中国人が利用している現状から、日本に訪れる中国人旅行者は
日本でこのサービスを利用することが違法行為だと思っていません。

ただ、日本到着後にドライバーから注意事項で
運転手との関係を友人や家族というようにと言われるようですが。

中国人旅行客の多くがこの白タクを利用しているのは
1日のチャーターの価格が格安であり、中国人のドライバーとのやり取りが
便利だからなのです。

滴滴が第一交通とどのようなサービスを提供するか不明ですが、
簡単には旅行者にとって便利で安いこの中国人ドライバーによるチャーター
サービスはなくならないと思っています。
滴滴と第一交通の提携でこの日本全国に多くいると言われている中国人
ドライバーが滴滴の契約ドライバーとなり、法的に問題なくし、価格をそのままで
サービスできるといいのですが。。。

実は、この中国人ドライバーによるチャーターサービスは
J-GOにとっても脅威なのです。
事前にドライバーに欲しいものリストを渡しておけば、
ドライバーが事前に購入し、車内で引き渡すだけという、
旅行者にとってもドライバーにとってもW-Wのビジネスが成り立ちます。

そういった状況を見据えたうえで、J-GOも今後のサービス展開を
ユーザー目線に立ちながら、考えていきいきたいと思います。